令和2年7月豪雨のお見舞い・被害状況問合せ

2020年07月13日

神歯大同発2第32号
令和2年7月13日
神奈川歯科大学同窓会
支部長各位
神奈川歯科大学同窓会
会長 大舘 満
福祉・厚生担当常務理事
木本 一成
令和2年7月豪雨のお見舞い・被害状況問合せ

(7月12日時点で寄せられた情報)
熊本県支部:診療室水没により全壊 1件、床上浸水 2件、床下浸水 1件
(他現在調査中)
長崎県支部:床下浸水 1件

前略
このたびの令和2年7月豪雨において被災された会員各位、並びに
ご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
週明けの今日も全国的に大気の状態が不安定な天候が続いております。
特に九州地方、長野県、岐阜県は土砂災害や浸水、洪水などの危険な
状況が続いており、西日本、東日本ではこれから15日にかけ、局地的に
大雨が続くおそれがあるとの予報がでております。
引き続き、河川の増水や氾濫、土砂災害、浸水に厳重に警戒をしてください。
今後、会員各位に被害が拡大しないことを祈念しておりますが、もし、
貴支部で被災された会員の先生がいらっしゃいましたら同窓会事務局まで
お知らせくださいますようお願い申し上げます。
草々
**********************************************************
令和 年 月 日
≪被災された会員がおられた場合には、メール・FAX等でお知らせください≫

支部
記入者名
【状況記入欄】
被災報告 なし あり

(ありの場合お名前、状況をお知らせください)




神奈川歯科大学同窓会
ob-jimu@kdu.ac.jp